Conductors

柴田 真郁(指揮)
Maiku Shibata, conductor

Biography

 1978年東京生まれ。国立音楽大学声楽科を卒業後、合唱指揮やアシスタント指揮者として藤原歌劇団、東京室内歌劇場等で研鑽を積む。
 2003年に渡欧、ドイツ各地の劇場、オーケストラで研鑽を積みながら、04年にウィーン国立音楽大学マスターコースでディプロムを取得。修了演奏会でヴィディン・シンフォニーオーケストラ(ブルガリア)を指揮した。同年末には、ハノーファー・ジルベスター・コンサート(ドイツ)に客演し、プラハ室内管弦楽団を指揮。翌年末のベルリン室内管弦楽団にも客演、2年連続でジルベスターコンサートを指揮して大成功を収める。
 2005年、リセウ大歌劇場(スペイン・バルセロナ)のアシスタント指揮者オーディションに合格し、セバスティアン・ヴァイグレ、アントーニ・ロス=マルバ、レナート・パルンボ、ジョセップ・ヴィセント氏等のアシスタントとして、様々な演出家や歌手と携わり上演では大きな信頼を得た経験は、オペラ指揮者としての礎となっている。

 帰国後は主にオペラ指揮者として活動し、2010年、池辺晋一郎作曲オペラ「死神」で日本オペラ協会にデビュー。同年、五島記念文化財団オペラ新人賞を受賞し、研修生として再度渡欧し、イタリアの劇場を中心に研鑽を積んだ。2013年、ヴェルディ作曲オペラ「仮面舞踏会」で藤原歌劇団本公演デビュー。2015年、石井歓作曲「袈裟と盛遠」、2016年プッチーニ作曲「トスカ」に客演を重ね成功を収めた。2018年1月には、藤原歌劇団とマスネ作曲「ナヴァラの娘」(日本初演)&レオンカヴァッロ作曲「道化師」を上演し、好評を得る。また、2017年東京文化会館オペラBOX「Help! Help! グロボリンクスだ!」で指揮を務めたほか、名古屋音楽大学、関西歌劇団、堺シティオペラ(大阪文化祭賞奨励賞受賞)等にて指揮。しなやかでありながら、ドラマティックな音楽作りには定評がある。
 近年では管弦楽にも力を入れており、これまでに、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、大阪交響楽団、広島交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団等を指揮。
 指揮を十束尚宏、星出豊、ティロ・レーマン、サルバドール・マス・コンデの各氏に師事。平成22年度(2010年)五島記念文化財団オペラ新人賞(指揮)受賞。

Schedule

2018年
■11月11日(日)15:30 会場:沼津市民文化センター 大ホール
第10回ブラスの祭典 in 沼津 ぱんだウインドオーケストラ

■12月1日(土)16:00、2日(日)14:00 会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
関西二期会「サルタン王の物語」

■12月29日(土)15:00 会場:ザ・シンフォニーホール(大阪)
関西紅白オペラ歌合戦

2019年
■3月1日(金)19:00 会場:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
billboard classics festival 2018 in Nishinomiya
*2018年9月30日の振替公演(台風により中止)

■3月19日(火)19:00 会場:東京芸術劇場 コンサートホール
都民芸術フェスティバル 日本フィルハーモニー交響楽団

Images

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

(c)ai ueda

Download

ページトップへ