All Artists

飯守 泰次郎(指揮)
Taijiro Iimori, conductor

Biography

 1962年桐朋学園大学音楽科(指揮科)を卒業、同時に藤原歌劇団公演「修道女アンジェリカ」にてデビューを飾る。1964年から1970年まで読売日本交響楽団副指揮者を務める。1966年ミトロプーロス国際指揮者コンクール(ニューヨーク)第4位入賞。1969年には、カラヤン国際指揮者コンクール第4位入賞を果たす。
 以後めざましい活躍を続け、読売日本交響楽団、ハンブルク州立歌劇場などの指揮者を歴任、オペラ指揮者として確固たる実績を築き上げる。特に、1972年バルセロナ歌劇場における「さまよえるオランダ人」「ワルキューレ」に対しては、同歌劇場シーズン最高指揮者賞を受賞。加えて同年、東京での二期会公演「ワルキューレ」日本人初演を指揮し、芸術選奨文部大臣新人賞を受賞。
 1970年からはバイロイト音楽祭の音楽助手として数々の歴史的公演に加わり、当時バイロイト音楽祭の総監督ヴォルフガング・ワーグナー氏から「飯守泰次郎こそドイツ語でKapellmeister(名指揮者)と呼ぶにふさわしく、そこにはマエストロと言う言葉以上に大きな尊敬の念が込められている。」と絶大なる信頼を得た。

 国内では、名古屋フィルハーモニー交響楽団常任指揮者、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団常任指揮者、関西フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者を歴任。古典派からロマン派にかけてのレパートリーを根幹に展開、特に東京シティ・フィルと2000年から4年がかりで取り組んだワーグナー「ニーベルングの指輪」全4部作ツィクルス上演では、その功績により2003年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。日本におけるワーグナー芸術の重要な担い手としてその地位を確固たるものとした。
 現在は新国立劇場オペラ部門芸術監督を務め「ニーベルングの指輪」を含むワーグナー作品で高い評価を得ている。また、東京シティ・フィル桂冠名誉指揮者および関西フィル桂冠名誉指揮者も務めている。
 CD制作に関してはフォンテックレーベルと多数のレコーディングを行い、その演奏の充実ぶりが各誌より絶賛されている。
 これまでに、2000年度第32回サントリー音楽賞、2004年11月紫綬褒章、2008年第43回大阪市市民表彰、2010年11月旭日小綬賞、2012年度日本芸術院賞、2014年度第56回毎日芸術賞などを受ける。また、2012年度の文化功労者に選ばれ、2014年12月には日本芸術院会員に選ばれた。
 2018年4月より、仙台フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任する。

Schedule

2017年
■12月23日(土・祝)16:00 会場:神戸国際会館こくさいホール
大阪フィルハーモニー交響楽団 株式会社トーホーpresents 第九コンサート2017

2018年
■1月7日(日)14:00 会場:豊中市立文化芸術センター
豊中市立文化芸術センター 開館1周年記念 オペラ・ガラ・コンサート(日本センチュリー交響楽団)

■1月20日(土)14:00 会場:東京オペラシティ コンサートホール
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第312回定期演奏会

■2月3日(土)14:00 会場:ティアラこうとう 大ホール
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第52回ティアラこうとう定期演奏会

■2月9日(金)19:00 会場:アクロス福岡シンフォニーホール
九州交響楽団 第365回定期演奏会

■2月25日(日)14:00 会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
東京交響楽団 名曲全集 第134回<後期>

■3月4日(日)14:00 会場:調布市グリーンホール 大ホール
わが町調布に響け!歓喜の第九

■3月31日(土)14:00 会場:ザ・シンフォニーホール
関西フィルハーモニー管弦楽団 第290回 定期演奏会

■5月20日(日)14:00、24日(木)14:00、27日(日)14:00、30日(水)19:00、6月2日(土)14:00
会場:新国立劇場 オペラパレス
開場20周年記念特別公演 フィデリオ[新制作]

■12月2日(日)17:00開演 会場:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会

Images

(c)武藤章

Download

(c)武藤章

Download

(c)武藤章

Download

(c)武藤章

Download

ページトップへ