Conductors

飯守 泰次郎(指揮)
Taijiro Iimori, conductor

Biography

現在、仙台フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者、東京シティ・フィル桂冠名誉指揮者、関西フィル桂冠名誉指揮者を務める飯守泰次郎は、桐朋学園で学んだ後、ヨーロッパで研鑽を積み、1966年ミトロプーロス国際指揮者コンクール、1969年カラヤン国際指揮者コンクールでともに第4位入賞。1972年、芸術選奨新人賞とバルセロナのシーズン最高指揮者賞を受賞。
 これまでに読売日響、ブレーメン、マンハイム、ハンブルク、レーゲンスブルクの各歌劇場の指揮者、エンスヘデ市立歌劇団第一指揮者、東京シティ・フィル、名古屋フィル、関西フィルの常任指揮者、新国立劇場オペラ部門芸術監督を歴任。古典派からロマン派にかけてのレパートリーを根幹に、意欲的な活動を展開。特に2000年から4年がかりで東京シティ・フィルと取り組んだワーグナー「ニーベルングの指輪」全4作ツィクルス上演では、その功績により2003年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。
 ヨーロッパの歌劇場で積み上げてきたオペラに対する深い造詣、特にワーグナー作品を積極的に日本楽壇へ紹介してきた功績には特筆すべきものがあり、バイロイト元音楽祭総監督 ヴォルフガング・ワーグナーも、「飯守こそドイツ語でKapellmeisterと呼ぶにふさわしく、そこにはマエストロと言う言葉以上に大きな尊敬の念が込められている。」と評した。
 新国立劇場オペラ部門芸術監督在任中は、「ニーベルングの指環」を含むワーグナー作品で高い評価を得た。
 CD制作に関してはフォンテックレーベルから多数リリース、その演奏の充実ぶりが各誌より絶賛されている。
 これまでに、2000年度第32回サントリー音楽賞、2004年11月紫綬褒章、2008年第43回大阪市市民表彰、2010年11月旭日小綬賞、2012年度日本芸術院賞、2014年度第56回毎日芸術賞などを受ける。また、2012年度の文化功労者に選ばれ、2014年12月には日本芸術院会員に選ばれた。

Schedule

2018年
■8月19日(日)15:00 会場:ティアラこうとう 大ホール
真夏のレクイエムこうとう2018「ドイツ・レクイエム」

■9月16日(日)17:00、17日(月・祝)14:00 会場:新国立劇場 オペラパレス
世界若手オペラ歌手ガラコンサート LE PROMESSE2018

■10月14日(日)15:00 会場:ティアラこうとう
フレッシュ名曲コンサート オーケストラwithバレエ「ペール・ギュント」

■11月23日(金・祝)19:00、24日(土)15:00 会場:日立システムズホール仙台・コンサートホール
仙台フィルハーモニー管弦楽団 第323回定期演奏会

■12月2日(日)17:00 会場:りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
東京交響楽団 第111回新潟定期演奏会

2019年
■1月11日(金)19:00 会場:東京オペラシティ コンサートホール
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 第321回定期演奏会

■2月8日(金)19:00、9日(土)15:00 会場:日立システムズホール仙台・コンサートホール
仙台フィルハーモニー管弦楽団 第325回定期演奏会

■3月31日(日)14:00 会場:ザ・シンフォニーホール
関西フィルハーモニー管弦楽団 第299回定期演奏会

Images

(c)武藤章

Download

(c)武藤章

Download

(c)武藤章

Download

(c)武藤章

Download

ページトップへ