Concerts

宮田大&田村響 「ベートーヴェン:チェロ・ソナタ」全曲演奏会

 <ベートーヴェン生誕250周年記念>
共に1986年生まれの宮田大&田村響。お互いに日本を代表するソリストとして活躍する中、以前より共演を重ね、同い年だからこその自由闊達なやり取りが魅力的なアンサンブルを創り出してきました。
その二人が、ベートーヴェンの生誕250周年を迎える2020年、まさに満を持してベートーヴェンのチェロ・ソナタ全曲演奏会に挑みます。チェロ作品の“新約聖書”とも言われる5曲のソナタに加え、ベートーヴェンがこよなく愛した変奏曲も盛り込みました。
これからの音楽界を牽引する二人。チェロとピアノの自由な対話、そして新時代の到来を、ぜひ会場でご体験ください。

【第1回】2020年 1月28日(火)19:00開演(18:30開場)
【第2回】2020年 3月 3日(火)19:00開演(18:30開場)

浜離宮朝日ホール

青木尚佳&ウェン=シン・ヤン デュオ・リサイタル

ロン=ティボー国際コンクール第2位の新星と、ジュネーブ国際コンクール優勝の名手
弦楽器2本が生み出すシンプルで奥深い音世界


日本で最も期待されている若手ヴァイオリニストのひとり、青木尚佳。2018年、研鑽の地をロンドンからミュンヘンに変えたことから、ミュンヘン音楽大学教授でもある名チェリスト、ウェン=シン・ヤンと出会いました。同年秋にはドイツと日本でのデュオが実現。ヴァイオリンとチェロだけによる大変難しいデュオにも関わらず、音楽的にすぐに意気投合したふたりは、さらなる進化を求め、再びデュオに挑みます。

2020年5月20日(水)19:00開演(18:30開場)

トッパンホール

イノン・バルナタン ピアノ・リサイタル

マエストロ アラン・ギルバートが惚れ込む異才 知性と情熱が絡み合う驚異のピアニズム
“組曲による変奏曲” -時を超えた組曲-


ユニークかつ知的なプログラミングで唯一無二のリサイタルを創り出すバルナタン。
今回のキーワードは「組曲」「変奏曲」
17世紀から21世紀まで、時代を超えた作曲家の作品が並びました。
組曲からの抜粋など、複数の曲からなる楽曲から選び抜いた作品を、
バルナタンの感性で再び組み合わせ、
いわばバルナタン編纂による新たな「組曲」が提示されています。
しかも、そこには「変奏曲」というキーワードも隠されているのです。
まさにバルナタン節炸裂のプログラミング。
バルナタン・ワールドにご期待ください。

2020年6月27日(土)14:00開演(13:30開場)

トッパンホール

ページトップへ