Concerts

ラトヴィア放送合唱団

“音楽の国”ラトヴィアを代表する合唱団
24名の精鋭が紡ぐ奇跡のアンサンブル
比類なきマーラー、感涙必至!

世界一流の音楽家(ヤンソンス、ネルソンス、クレーメル、マイスキー、ガランチャなど)を次々に輩出し、
合唱大国としても名高いラトヴィアを代表する合唱団。
巨匠ホリガーが「世界一の合唱団」と絶賛し、2017年初来日が実現。
驚愕のテクニック、洗練されたセンス、そして完璧なまでのハーモニーが鮮烈な印象を残しました。
世界の最先端を走る合唱団。ぜひ、会場でお確かめください。

2019年6月4日(火)19:00開演(18:30開場)

フィリアホール

ハインツ・ホリガー 《80歳記念》オーケストラ・コンサート

3つの顔〈オーボエ奏者〉〈指揮者〉〈作曲家〉
現代において最も多彩で非凡な音楽家、
"音の巨人"ホリガーのすべてがここに!

「私は何かの専門家になってそれだけを極めるというのではなく、
演奏、作曲、指揮、教育など音楽で結ばれる全てを楽しみたいのです。」
                    ―  ハインツ・ホリガー

2019年10月2日(水)19:00開演(18:30開場)

東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

アンサンブル・ウィーン=ベルリン

ウィーンとベルリンの首席奏者が集う、世界最高峰の木管五重奏

2019年10月2日(水)19:00開演(18:30開場)

京都コンサートホール アンサンブルホールムラタ

ダン・タイ・ソン ピアノ・リサイタル

ピアノの詩人から巨匠へ

1980年、ショパン国際ピアノ・コンクールでアジア出身のピアニストとして初の優勝者となって以来、その美しいピアニズムと音色で多くの聴衆を魅了し続けてきたダン・タイ・ソン。還暦を迎え芸術家として巨匠の道へと歩みを進めている。この節目に、ピアニストとしての長いキャリアの原点でもある、ショパンの作品を軸に、ポーランドの作曲家として今改めて注目されるパデレフスキの小品と、近年高く評価されたシューベルトを盛り込むといった、まさに、‘ダン・タイ・ソンの現在’を凝縮した名曲揃いのプログラムでの再会となる。

2019年10月16日(水)19:00開演(18:30開場)

紀尾井ホール

堀米ゆず子と女神たち 4つのヴァイオリン・コンサート

1980年、日本人として初めてエリーザベト国際コンクールで優勝を飾り、一躍国際的なソリストとして目覚しい活動を展開した掘米ゆず子。その堀米をリーダーに、4人の国際派ヴァイオリニストが一同に会する貴重なコンサートが実現します!
テレマン、バツェヴィチによる4つのヴァイオリンのためのオリジナル曲に加えて、今回の編成のために様々なレパートリーを編曲。モーツァルトとプッチーニのオペラ、ブラームスの名オーケストラ曲、さらにヴァイオリンの超絶技巧作品として名高い「ツィゴイネルワイゼン」と「序奏とロンド・カプリチオーソ」まで、まさに名曲揃い。多彩で楽しいプログラムにご期待ください。


2019年10月25日(金)19:00開演(18:30開場)

浜離宮朝日ホール

西村尚也&アンドレア・バッケッティ デュオ・リサイタル

 

2019年6月20日(木)19:00開演(18:30開場)

MUSICASA

ページトップへ