Concert Information

長岡京室内アンサンブル

長岡京室内アンサンブル《結成20周年》記念公演

「地域ごとに独自の音色を持つオーケストラがあるヨーロッパのように、長岡京独自の音色・思想を持った演奏団体を育てたい」
音楽監督 森悠子を中心に、国内外の優秀な若手演奏家を集め、1997年3月に結成。
指揮に頼らず互いの音を聴く「耳」を研ぎ澄ませる独自のスタイルを特長としています。
日本でも希有な存在と高く評価される長岡京室内アンサンブルの音を東京で聴ける貴重な機会です。
会場では第9集CDの先行発売も予定しています。

2018年2月5日(月)19:00開演(18:30開場)

東京文化会館 小ホール

<プログラム>

ブリテン:シンプル・シンフォニー op.4
ドヴォルザーク:弦楽セレナード ホ長調 op.22
モーツァルト:ディヴェルティメント K.136, K.137, K.138
<programme>

Britten: Simple Symphony op.4
Dvorak: Serenade for Strinfs in E op.22
Mozart: Divertimento K.136, K.137, K.138
<出演>

長岡京室内アンサンブル
ヴァイオリン:森 悠子、高木和弘、谷本華子、石上真由子、大和美祈、中平めいこ、松川 暉、日暮 霞
ヴィオラ:南條聖子、野澤 匠
チェロ:金子鈴太郎、杉本環紀
コントラバス:石川 徹
<入場料>

全席自由:一般5,000円 学生3,000円
<チケットお申込み>

チケットぴあ 0570-02-9999 [Pコード:100-060]
ヒラサ・オフィス 03-5429-2399
 [みずほ銀行 成城支店 (普)1036217 (株)ヒラサ・オフィス]
イープラス http://eplus.jp
認定NPO法人 音楽への道ECM 075-351-5004 office@musiccem.org
東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
<お問合せ>

ヒラサ・オフィス 03-5429-2399
認定NPO法人 音楽への道CEM 075-351-5004

主催:認定NPO法人 音楽への道CEM
協力:N&F
マネジメント:ヒラサ・オフィス
<その他の公演>

■2月3日(土)15:00 会場:京都府長岡京記念文化会館

Profile

長岡京室内アンサンブル
Nagaokakyo Chamber Ensemble

「地域ごとに独自の音色を持つオーケストラがあるヨーロッパのように、長岡京独自の音色・思想を持った演奏団体を育てたい」、1970年代より欧米を中心に教育・演奏両面で国際的に活躍いてきたヴァイオリニストの森悠子を音楽監督として、国内外の各地から優秀な若手演奏家を集め、1997年3月に結成。指揮に頼らず互いの音を聴く「耳」を研ぎ澄ませる独自のスタイルを特長に、緻密で洗練された技術と凝集力の高さ、独自の様式感覚をもった高度な表現法と音楽性の高さは、日本でも希有な存在と高く評価される。
バロックから古典、ロマン派、近現代に至るレパートリーの広さも際立っている。「長岡京」から世界の第一線へ雄飛するメンバーも多い。2000年「第20回音楽クリティック・クラブ賞」、01年「エクソンモービル音楽賞・奨励賞」、03年「ABC音楽賞本章」と「藤堂顕一郎音楽褒賞基金」、2004年長岡京市「文化功労賞」を受賞、09年、10年、15年は東京公演を開催。11年と13年には「東京・春・音楽祭」にも出演好評を博す。
現在までにfineNFレーベルから7枚のCDをリリース。高度な最新技術を駆使して録音されたレベルの高い演奏で、音楽評論家や音楽専門誌・新聞などでも高く評価を得ている。

■公式ホームページ http://www.musiccem.org
森 悠子(ヴァイオリン) Yuko Mori, violin

教育哲学者・森昭の次女。6歳より才能教育でヴァイオリンを始める。桐朋学園大学卒業後、齋藤秀雄教授の助手を務めたのち、旧チェコスロヴァキア、フランスに留学。74年パイヤール室内管弦楽団入団。77~87年フランス国立新放送管弦楽団に在籍。89~96年リヨン国立高等音楽院助教授。90年京都フランス音楽アカデミーを創立。97年、「若い音楽家の育成と実践の場」として長岡京室内アンサンブルを設立。99~04年ルーズベルト大学シカゴ芸術大学音楽院教授。09年よりくらしき作陽大学音楽学部教授。フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ章」「オフィシェ章」授与。「京都府あけぼの賞」受賞。16年「第34回京都府文化賞功労賞」受賞。08年特定非営利活動法人音楽への道CEM設立、理事長に就任。著書に「ヴァイオリニスト 空に飛びたくて」(春秋社)がある。
ページトップへ