Concert Information

ザ・クラリノッツ

世界2大オーケストラに君臨するスーパー兄弟!

ダニエルはウィーン・フィル首席クラリネット奏者、弟アンドレアスはベルリン・フィル首席クラリネット奏者。
クラリネット界を席巻するスーパー兄弟が、信頼するピアニスト、クリストフ・トラクスラーとともに、
”クラリネットによる室内楽”をお届けします。
プログラムは、ザ・クラリノッツだからこそ可能な、実にバラエティに富んだもの。
編成はオリジナル曲から編曲ものまで、時代は18世紀モーツァルトから現代まで、
そしてその中身は、ウィーン・フィルの大先輩であるアルフレート・プリンツ作曲の作品もあれば、
あの「ティコ・ティコ」まで演奏してしまう、まさに縦横無尽なプログラム。

ウィーン・フィルの首席クラリネット奏者として活躍し、
2017年7月に急逝した父エルンスト・オッテンザマーのメモリアル公演となります。

2018年6月28日(木)19:00開演(18:30開場)

浜離宮朝日ホール

<プログラム>

モーツァルト:ケーゲルシュタット・トリオ(クラリノッツ版) [クラリネット、バセットホルン、ピアノ]
プリンツ:2本のクラリネットのためのディスカッション [2本のクラリネット]
ホロヴィッツ/アーティ・ショウ:間奏曲(ダニエル・オッテンザマー版) [クラリネット、ピアノ]
クルーセル:アンダンテとアレグロ・ヴィヴァーチェ [2本のクラリネット、ピアノ]
*****
ベールマン:協奏的二重奏曲 [2本のクラリネット、ピアノ]
バーンスタイン:クラリネット・ソナタ [クラリネット、ピアノ] 
ブルッフ:《8つの小品》作品83より [クラリネット、バセットホルン、ピアノ]
ティコ・ティコ(咲間貴裕編) [2本のクラリネット、ピアノ]
<programme>

Mozart: Kegelstatt Trio for clarinet, basset-horn and piano (arr by the Clarinottes)
Alfred Prinz: Discussion for 2 clarinets
Joseph Horovitz / Artie Shaw : „Interlude“ (arr by Daniel Ottensamer)
Crusell: Andante and Allegro Vivace for 2 clarinets and piano
*****
Baermann: Duo concertant for 2 clarinets and piano
Bernstein: Sonata for clarinet and piano
Bruch: 3 pieces from 8 Pieces for clarinet, basset-horn and piano, op. 83
Tico Tico for 2 clarinets and piano (arr by takahiro sakuma) 

<出演>

ダニエル・オッテンザマー(クラリネット/ウィーン・フィル首席)
アンドレアス・オッテンザマー(クラリネット/ベルリン・フィル首席)
クリストフ・トラクスラー(ピアノ)
<artists>

Daniel Ottensamer, clarinet
Andreas Ottensamer, clarinet
Christoph Traxler, piano
<入場料>

全席指定:5,000円
<tickets>

all seats reserved:5,000yen
<チケットお申込み> 2/20(火)発売予定

朝日ホール・チケットセンター 03-3267-9990(日・祝除く10:00~18:00)
チケットぴあ http://t.pia.jp 0570-02-9999
イープラス http://eplus.jp
ヒラサ・オフィス 03-5429-2399
 [みずほ銀行 成城支店 (普)1036217 (株)ヒラサ・オフィス]

<お問合せ>

ヒラサ・オフィス 03-5429-2399

主催:朝日新聞社/ヒラサ・オフィス

*やむを得ず曲目・出演者が変更となる場合がございます。
*未就学児の入場はご遠慮ください。
<その他の公演>

Profile

ページトップへ