News

2017.09.29

飯守泰次郎 仙台フィルハーモニー管弦楽団 常任指揮者に就任

指揮者・飯守泰次郎が、2018年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任いたします。

現在、新国立劇場オペラ部門芸術監督、東京シティ・フォルおよび関西フィルの桂冠名誉指揮者を務め、各地のオーケストラへの客演も重ねる飯守が、新たな軸足を仙台に置くことになります。

仙台フィルの2018年度ラインナップと合わせて、ぜひご注目ください。

ページトップへ